RAIKA.png

3次元測量とは

建築プロジェクト等の企画の段階では、これまでは図面を基に関係者間でコミュニケーションが行われてきました。

しかし2次元の図面では実際にどんな建物がたつのか、人によって理解度に違いがあり、「実際にたってみないとわからない」というケースは少なくありません。図面をベースにしたコミュニケーションから、3次元モデルを使ったコミュニケーションに置き換えることで、設計者の頭の中にあるイメージを早期から関係者間で共有して、「よりよい建物」にするためにさまざまな検証が簡単にできるようになります。

また、空き家等をリノベーションして再活用する際、古すぎて図面が存在しないまたは手に入らないことがあります。そのようなときにもこのスキャナーで現況調査をし、図面を作成してからレイアウト変更などにつなげていくことができます​。

見積もりを依頼する

有難うございました!